婚約解消となって良かった4つのこと

こんにちは。サイキです( ´ ▽ ` )ノ

昨日、婚約解消となりました。

エイプリルフールでしたけど嘘じゃないですよw

付き合い始めた当初から結婚を前提に付き合っていて、

予定通りに行けば来月婚姻届を出す予定でした。

それが今回、目前にしてに別れることになりました。

「うわ、ここでどんでん返しがあるんや!」と思いましたねw

僕は彼女のことが大好きでしたし、上手く行ってると思っていました。

なので、一切疑う余地なく、

両親や友達など周りの人に、「結婚します」と伝えていました。

人生何があるかわからない、と言いますが、まさにその通りになって笑ってしまいました。笑

気付いたら落ち込みながらベットに横になり「婚約破棄」と検索していましたw

この記事を書きながら気づきましたが、

僕の場合はまだプロポーズを済ませていなかったので、

婚約破棄というよりかは婚約解消という方が正しいのかなと思います。

その時は、婚約破棄で検索しました。

すると意外に婚約破棄を経験された人も多くて、

中には僕より悪い状況で婚約破棄された方も居て、自分まだ大丈夫じゃん!と思えました。

婚約破棄を経験された方々が勇気を持って記事にしてくれたおかげで僕も救われました。

そこで今回、僕も自分の婚約解消の経験を踏まえ

「婚約解消となって良かった4つのこと」というタイトルで記事にしてみました。

この記事がどなたかのお役に立てれば嬉しいです(^_^)

1.人のことを許容できるようになった

僕はダイエットのサポートを仕事にしています。

正直、太っている人の気持ちがわかりませんでした。

自然な物を摂って、軽く運動すれば絶対痩せるのに、

なんでわざわざお菓子とか食べるのかな~って。

でも、今回、婚約解消となって

その直後に、コンビニで500mlの缶ビールを3本買って、

友人に電話で話を聞いてもらいながら3本とも空け、

その後近所のバーに行ってウイスキーを3杯飲んで、

その後、コンビニでスーパーカップ(カップ麺の方)とカツ丼と缶ビールを1本買って一晩で空けました。

普段だったらこんなこと絶対しないですし、

ましてやダイエットを仕事にしている者にとってはあるまじき行為です。

でも、やっちゃいました。。。。だって辛かったんだもん。。(T_T)

健康に悪いのにタバコを吸い続ける人、

会社の愚痴や不満は言うくせに実際何も行動しない人、

店員さんに対して高圧的な人、

不潔でだらしない体臭を撒き散らすオタク、

全部嫌いです。

でも、その人はその人なりの事情があって、

何か自分には図りしてれない事情を抱えているかもしれない、

と思えるようになりました。

もしかしたら、必死で守るべき家族が居てなりふりかまってられないのかもしれない。

もしかしたら、長年勤めた会社をリストラされたのかもしれない。

もしかしたら、大切な人が自殺したのかもしれない。

もしかしたら、一生懸命頑張った会社を潰してしまったのかもしれない。

もしかしたら、結婚を1ヶ月前にして婚約解消となったのかもしれない(笑)

少なくとも、その事実を確認するまでは、1つの行動だけを見て、人を判断してはいけないなと思いました。

2.無理は続かないと気づかせてもらった

今回婚約解消となった彼女は本気で好きでした。

間違いなく人生でいちばん好きだった人だと言い切れます。

だから好きで好きでたまらなくて、失いたくなくて彼女のしたいことを全部叶えてあげていました。

叶えてあげないと捨てられる、失ってしまうと思ったんです。

でも、結局それは僕の思い過ごしで彼女からすれば放っておいて欲しかったようです。

会う日は全部彼女の仕事が休みの日。

何か食べるときも、彼女はお肉が苦手なのでわざわざお肉は食べません。

どこかに旅行に行くときも、最終的に目的地を決定するのは彼女でした。

彼女は平等でありたいと言っていたので、僕も形だけ意見は言いましたが、

最終的には彼女の行きたいところへ決めてました。そうしてあげたかったですし。

出張で遠方に行くことがあれば、必ずお土産を買って帰りました。

彼女がiphoneだったので、スマホをAndroidからiphoneに変えました。

彼女のお姉ちゃんが一眼レフを手に入れたらしく、

その一眼レフの写真が素敵と言っていたので一眼レフも買いました。

大阪と滋賀の遠距離だったので彼女が家に来る時は2時間もかけて来てもらっていました。

仕事で疲れている彼女にこれ以上疲れて欲しくなかったので、大阪から滋賀に引っ越しました。

彼女は家族が大好きで、結婚したら実家の近くに家を建てたいと言っていました。

家はすぐには無理だけど、せめて実家の近くで暮らせるよう一人暮らしなのに2LDKのファミリーマンションを借りました。

あ、胸筋を鍛えだしたのも、彼女が「胸筋のある人が好き」と言ったのがきっかけでした(笑)

今振り返ると自分でも無理してたと思います。

ダイエットのサポートをする時、「絶対無理しないでくださいね」って伝えているのに

一番無理していたのは自分でした笑

ダイエットは頑張るものでも、無理するものでもありません。

頑張ったり無理したりすると絶対にどこかで破綻するんです!

・・・人間関係もそうだったみたいです(T_T)

3.そばにいてくれる人を大切にしようと思った

今回、僕は本気だったと言い切れます。全力を出しました。

なので、本当に尽くして尽くして尽くしまくりました。

でも、この関係ですら終わる時はあっけなく終わりました。

別れる時に色々僕に対しての不満も教えてもらいました。

「色々やってくれるのは嬉しかったけど返すことができないのが辛かった」

「放っておいて欲しかった」

「私じゃなく仕事に一生懸命打ち込む姿が見たかった」

確かに至らない点もあったけど僕は全力を出して彼女の期待に応えようとしたんです。

でもね、自分がどんなに続かせたくて、終わらせたくなくて努力しても終わる時は終わるんです。

別れる時に言われた事を僕が変えてたとしても多分、結果は変わらなかっただろうなと思います。

結局、人付き合いに正解なんてなくて、人との繋がりは自分でコントロールできるものではないんですね。。。

なので、そんな正解のない中で、自分のそばにいてくれる人は凄い大切なものだとわかりました。

4.不安から解消された

僕はかなりの不安症です。

まだ起こりもしてないことを、起こったらどうしようと常に不安がっていました。

そして、その不安が的中することはほとんどありませんでした。

このブログだって、

「本名顔出しでやって昔の友だちから、からかわれたらどうしよう」とか

「僕より知識のある人が読んで自分の理論が非科学的だと否定されるんじゃないか」とか

いろいろ考えていましたが、何一つ現実に起こっていません。

それどころか、今は、昔の友達でもいいからもっと僕の発信を見て欲しい!って思っています。

知り合いに名刺渡してもメルマガはおろかブログすら読んでもらえないですからね。。。

でも、今回、婚約解消になるとは不安に思うどころか、頭の片隅にもありませんでした。

去年の暮れ以降、予想していなかったことが立て続けに起こりました。

・じいちゃんが亡くなる

・母さんの弟が子供4人いるのに離婚しそう

・お世話になったBarの10周年記念パーティーで、2ヶ月後に店を閉めると告げられる

・いつも僕の不安の相談に乗ってくれていた方が、反対に僕に不安を相談してくる

・77歳のおじいちゃんに誘われて太極拳に参加したら、ありえないぐらいデカい人脈に繋がる

自分で予想していたものなんて何一つなく、何かぼんやりとした予感めいたものを感じていました。

そして、今回の婚約解消で確信しました。

わかってるものなんてなにもないんだな、と。

結局、いくら不安がって準備していても起こらないことは起こらない、

その反面、全く予想していなかった事がポンと起こる。

だから、「わからない」が正解なんだと確信しました。

じゃあそんなわからない中で、できることはあるの?

不安がること?未来に向けて貯金すること?

僕は、今を一生懸命生きることだと結論付けました。

そして「今」の期間が短くなればなるほど後悔なく人生を生きれると思います。

1日より1時間、1時間より1分、1分より1秒。

だって、明日買い物にでかけたら、車に轢かれて死ぬかもしれません。

朝散歩してたら通り魔に刺されて死ぬかもしれません。

1秒後に脳梗塞で突然死するかもしれません。

1秒後に生きていることすらわからないんです。。。

でも、だからといって投げやりになりたくない。

僕は自分の可能性を信じていたいです。

今回、婚約解消になってしまったけど、これはきっと未来に繋がる経験だと信じています。

スティーブ・ジョブズの「Connecting the dots」の話は僕の信条です。

そして僕自身、こうやって今まで生きてきました。

「今の経験は、それがどんなものであれ、振り返ったときにそれは必ず線になっていると信じなければならない」

「ただし前もって線になることを予測することはできない。振り返った時初めて線になる」

「例え、レールを外れたとしても、一つ一つの経験が線になる事を信じていれば、それは大きな価値を作り出す」

ダイエットだってそうだよな、と思いました。

糖質制限だったり色んなダイエット方法がありますが、その人に合うかどうかなんて究極わからないんです。

でも、例え合わなかったとしても一つだけわかることがあります。

それは「合わなかったことがわかった」ということです。

そしてこの「合わなかったことがわかった」ことは行動しないとわかりません。

例えこれが望む答えじゃなかったとしても、自分が一生懸命今を生きた結果であればベストの答えなんです。

そして、諦めず行動を積み重ねれば、

それは、必ず、絶対に、未来の大きな価値に繋がっているんです。

大きな価値は、痩せた自分かもしれない。

大きな価値は、大好きな恋人かもしれない。

大きな価値は、天職かもしれない。

わからないんです。

でも、それがなんであれ、自分にとって大切なものであることは間違いんです。

だから僕たちは今を一生懸命生きなければならない。

でも、結局わからないんなら自分の好きなように生きたほうが良くないですか?

「結局どうなるかわからない。でも行動を続ければ未来は明るい」

今回の婚約解消を経て、これを心から確信することができて、不安から解消されました。

記事はここまでです。

今回の記事が、もし誰かの役に立つことができればとても嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. のん より:

    こんにちは、今ふとこちらの記事をみてメッセージを使用と思いました。

    私も昨日婚約破棄と言い渡され目の前が真っ暗になりました。まだ現実が受け止められていないのですが、その一方でこちらの記事を読んでいて「わかる、わかる」とうなずきながら共感させてもらいました。

    私の場合は、本当に時間がかかりそうなのですが、同じく今を生きることを大切に毎日やっていこうと思います。

    こちらの記事は去年書かれたんですね。サイキさんが、今元気にされているのであれば何よりです。実際元気にやっているとか、後日談があると嬉しいです(もしかしたらそのような記事もあるのかもしれませんが、探しきれておりません(;^_^A)

    • saiki より:

      のんさん

      同じ経験をされたのですね…何とも言い表し難いお気持ち共感します。
      そのような辛い状況にも関わらずコメントをいただいたことで、この記事が少しでも人の役に立ったことを知れてとても嬉しいです。

      また後日談は以下の記事に書いております。
      婚約解消して3ヶ月半経って思う7つのこと

      のんさんの状況を知らないので、軽々しいことは言えませんが、乗り越えようとする前向きなお気持ちをいただいたコメントから感じます。
      その思いは、きっといつか良い形で返ってくると僕は(僕自身に対しても)信じています。