不幸になる努力「でも、お金がないと出来ないでしょ?」

 

こんばんは!佐伯です( ´ ▽ ` )ノ

 

「え?それだけしか貯金ないの!?」

彼女との別れ話の時に、言われた言葉を突如思い出しましたww

 

「でも、お金がないと何もできないよね?」

この言葉は全く別の方から言われた言葉ですが、これがきっかけになったのは間違いありません。

 

そんなこともあって、今日は「お金」について話させていただこうかと思います。

 

確かにお金があれば、できることの幅は拡がります。

でも、お金があることで出来なくなることもあるんですよ。

 

そして何より大切なのは「お金」だけを行動の起点にしないことです。

 

今回もまた長々と自己満足記事を書かせてもらいますので、

ヒマでヒマで死んだ後にでも読んでやって下さいw

 

社長と無職が名刺交換できる時代

 

僕はブログを通じて、「こんな変なやつでも生きていけるんや」と

ブログを読んでくださった方のが気づきのきっかけになれれば「最上の幸せなり」という

思いの元、ブログを書きづつけております。

 

だって、他人のきっかけになれることほど嬉しいことはないですからね。

他人を変える事は、ほぼ不可能と言ってもいいぐらい難しいことなのです。

 

 

さてさて。

最近、太極拳おじいちゃん社長の繋がりで、主に大阪の企業の社長とか会長とか

いわゆる「お偉いさん」と話をする機会が多くなりました。

 

で、僕は、そういう時、自分をこういう風に紹介します。

 

僕「無職です。基本的に変なことをしてブログを見てくれた方が

『こういう生き方もあるんや』って思って少しでもその方の可能性が拡がるよう願い行動する事が僕の仕事です。

そして僕の行動の記録をブログで紹介しています。」

 

と自己紹介しています。

 

さて、こんなおかしな自己紹介をしたらお偉いさんがどう反応するか…

 

それがですね…

 

意外と気に入ってくれます!笑

 

 

昨日は、会って3回目の会長さんに北新地のクラブ?に飲みに連れて行ってもらいました。

そして、後々聞くと僕の名前すら知らなかったというww

 

何故気に入ってもらえるのか?

 

僕も会社員の時の経験に加えて、

独立してからの「代表取締役です(ドヤッ)」的な名刺交換を何百回と行い

そしてそのすべてが不発だったという経験を得ているのでわかりますが…

 

社長とか会長とか企業のトップともなれば行く先々で名刺交換をするわけです。

そして大半の相手は

「○○会社の△△です。ホニャララという仕事をやっております(仕事下さい)」って言うわけですからね。

 

そりゃ、僕みたいな変な自己紹介するやつは目立ちますよね(笑)

 

というかおこがましくも無職の僕ですら、名刺交換が煩わしすぎて

気が向かない時は「ごめんなさい。無職なんで名刺持ってないです」って言っています。

 

 

ただこれはあくまで最近の話であって、

こういう風にひねくれる前に、きちんと?名刺交換をして話をさせてもらった方もいるわけです。

 

そして、昨日、その方とお話できる機会がありました。

 

話の趣旨は、その方が主催するNPOについて

「僕が予算をとってきますよ!出来高で報酬下さい」という僕からの提案だったのです。

しかし、僕のNPOに関する認識が甘々で

その方に優しく諭していただき、自分の無力さに気づかせていただきました(汗)

 

で、その話のおまけとして、今ボクが何をやっているか、ということを

改めて話させてもらったのですが、今僕がやっていることを話している時に、

 

「でも、お金がないとできないよね?」

 

という言葉をいただいたというのが今回の記事を書くに至った経緯です。(長くなりましたw)

 

そして、ここからは、

この言葉―お金が無いとできない―に対して改めて考えてみたいと思います。

 

不幸になる努力

 

さて、皆さんも日常生活を送る中で、

「お金があれば…(行動できるのに)」という言葉は耳にタコができるほど聞いたことがあると思います。

というかご自身でも思うことありましたよね。

 

別にこのことに対して良い悪いを述べたいわけではありません。

 

ただ、唯一お伺いしたいのが、

 

ナゼ、わざわざ

“お金が無い”=ネガティブな事だと、意味付けをするのか?

 

この一点でございます。

 

本日、ふとツイッターを見ていた所、この動画が凄い勢いでリツイートされておりました。

https://www.youtube.com/watch?v=oJLHx1eHGfM&feature=share
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

動画消えるかもしれないので、動画の内容がわかるキャプチャ置いておきます。

まぁ要は、

「人生は短い。その大半を嫌な仕事に費やして本当に大丈夫?」的な動画ですわ。

 

確かに、そんなこと改めて言われなくてもだし、余計なお世話感もあるわけですよ。

 

ただね。

言ってることは確かにその通りなわけですよ。

 

僕の希望ですが、誰だって、人生楽しく幸せに生きたいと思っていると信じています。

 

だから、僕としては

「うん、その通り。幸せに向かって頑張ろう!」的なコメントが多いのかなと思っていたのです。

もちろん、「考えさせられた」とか「頑張ろう」ってコメントはありましたよ。

 

でも…

「当たり前の事を偉そうに話すんだね」とか

「さっそく2分をムダにしてしまった」とか

「俺は仕事が好きだし余計なお世話」とか

「家族や子供がいるしそんな悠長な事言ってられない」とか

こういうコメントも散見されました。

 

いや、別にこの意見が悪いと言っているのではないのです。

 

ただ、もし幸せに楽しく人生を歩みたいのであれば、

斜に構えて皮肉ぶって、わざわざネガティブ(後ろ向き)な意味付けをするのは

自分にとって損でしかないと思うのです。

それどころか、このコメントによって前向きな方でさえも引きずり下ろす力さえ孕んでいる気がします。

 

わざわざ不幸になろうと努力しなくてもいいじゃんって。

何だか悲しくなります。

 

特に、自分が行動できない言い訳に「家族」と「子供」を使う人は本気で嫌いです。

だって、家族にしたって、子供にしたって、自分が「幸せ」だと思ったからそうしたんでしょ?

 

・・・・ん?

「お前は家族も子供もいないからそんなこと言えるんでしょ」って?

 

そのことについては後述させていただきますね~(^_^)

 

 

あなたがあなたのしたいことができないのは、お金が無いからなの?

 

例えば、あなたがマチュピチュ遺跡に旅行に行きたいとしましょう。

マチュピチュ遺跡は日本の真裏ですので、少なくとも時間、お金、体力の余裕が要求されます。

 

そうです。

何も「お金」だけが、あなたの行動の可否を決定する唯一の要因ではないのです。

 

でも、ついつい一番に先立って考えますよね。

 

お金が「ある」or「ない」。

 

ただね。

「お金が無いから行けないなぁ」と判断して、

その先に何か希望的な明るい光は見えますでしょうか?

 

「お金が無いから行けないな」と判断した時点で、

分厚く大きなコンクリートの壁がドスンッと目の前に降り注ぎ

その時点で、「終了ーーー!」な感じしませんか?

 

貧乏なお金持ち

 

さて、ここで僕の前の会社の先輩(以降、Tさん)の話をさせていただきたいと思います。

Tさんは、サラリーマンながら不動産投資で成功されていて

現金資産で1億以上、不動産を含めた総資産はその数倍あると予測できます。

現金資産については通帳を見せてもらったことがあるのでガチです。

 

しかも、年齡はまだ僕の2つ上ですので、32歳です。

 

で、この前このTさんと一緒に旅行に行ってきたんですよ。

 

その際、切実な悩みを教えてもらいました。

 

Tさん曰く、

「お金があればあるほど、執着が生まれ行動できなくなる」

「自分のお金を使うべき”何か”が見つからない」

 

このTさんは自分で興したビジネスで成功されているので

会社員としての仕事でも当然結果を出しているわけです。

半国営企業でガチガチの給与体系なのに年収は同期の約3倍、

更に、自分の調整次第で休みも自由にでき、10日間ヨーロッパ旅行へ行くなど。

 

だた、それだけお金も時間も自由なのにも関わらず

“自分の人生の大切な「何か」”を見つけられず悩まれているわけです。

 

貯金が1億円あったらあったで大変ですよ。

だって一億円分の執着を手放す覚悟がいるんですから。

 

多分ね。これは僕自身の希望でしかないんですが、

「1億円貯金ある。資産はその数倍ある。ヨシ!人生あがり☆」なんて考える人、

 

・・・・いないですよ。いないでほしいです。

 

 

僕は1億も貯金無いどころか、

元彼女にそんだけしか貯金ないの?って言われたぐらいなので

予測でしか無いですが、でも、多分、

お金は人生のゴールにはなりえないですよ。

 

だって、過去の偉人たちが経験をもって教えてくれてるじゃないですか。

「お金」を人生のゴールに設定して、幸せな人生を全うされた方いらっしゃいます??

 

では、何が人生の目的に成り得るのか?

 

あと、この機会に先ほどの

「家族や子どもを行動できない言い訳にするやつは嫌い」的な暴言の

言い訳をさせていただきますね。

 

お金が人生のゴールにならないとすると一体何がゴールとなり得るのか?

 

疑問に思いますよね。

 

はい。

それでは、「愛」っていかがでございましょうか?

 

僕たちを感動させる映画や音楽ってだいたいのテーマが「愛」じゃないでしょうか?

もしくは愛に発展する前の恋ですよね。

 

愛がテーマになったものって大体、感動して終わりませんか?

感動の種類によっては笑えたり泣けたりしますが、

でも涙を流しても少なくとも嫌な気持ちにはなりませんよね。

 

「いやいや、映画とか音楽とか作りもんじゃん」

 

って思うかもしれませんけど、

 

その感動する映画や音楽だって、

勝手に生まれてきたわけでは決して無くて、同じ人間が作っているわけですからね。

 

そして人を感動させられるだけのものを作る人っていうのは

酸いも甘いもたくさんの経験をしていて、そのエッセンスを1つの作品としてまとめているわけです。

だから、その作品というのは、才能とか技術で語られるものではなく

作者が今まで歩んできた人生経験すべての集大成なわけです。

 

だから、テーマにされることが多い「愛」とか「恋」ってのは

人生の真理に成り得る、と言っても過言ではないと思うんですね。

 

だ・か・ら

その真理らしきものに到達する可能性のある「家族」と「子供」を

「言い訳」というネガティブなものにわざわざ変換してしまう人が僕は、許せないわけです。

 

「家族が居て幸せー!」

「子供ってなんて可愛いんだ!」

だけでいいじゃないですか。

 

僕からしたら、家族も子供もいるあなたが羨ましくて仕方ないですわ。

 

要は、わざわざ現状を悲観的に意味付けなくていいということ

 

とは言いつつも、僕にだって羨ましがられる点はあるわけですよ。

家族も子供もいないから収入は全部自分の自由に使えるし、

自営業でその上社員も居ませんから、時間に縛られることも一切ないわけです。

 

でも、彼女も居ないし、自分の中で友達と呼べる人は2・3人ぐらいしか居ません。

丸一日誰とも会話しないとかザラですよ。

 

だからこれ故に、「ああ~寂しいなぁ」って思うことはもちろんありますよ。

 

でも、そこはグッと堪えるわけです。そして自分に問う。

 

「待て待て、わざわざ悪い方を見るな。」と。

「お前、どれだけ自分が贅沢な環境に居るかわかってるの?」と。

 

だからこそ、後ろ指を刺される覚悟でブログを書くわけです。

何故なら、このある意味恵まれた環境にいるからこそ

こんなブログを書けるわけで、何やらブログを書くことがが使命のように感じるからです。

 

まぁそりゃ、僕は友達も少ないし、というかほとんど居ないし

彼女も家族も子供も居ないから、世間一般の「幸せ」とは程遠い訳わけですが(おまけに定職も無い)

でも、自分の現状をわざわざ悲観する事だけはしないようにしているわけです。

 

だって、僕は自分は幸せな人生を歩めると信じているからです。

というか、幸せな人生を歩もうと努力することこそが自分が生まれた理由だと思っているからです。

そして、僕の幸せを求めてもがく姿を見て、誰かの幸せのきっかけになれればと願い

こうやってブログを更新しているわけですね。

見ず知らずの人の幸せに貢献できるほど自分の存在価値が満たされる時はありません。

 

まぁ、そんなわけで結局何が言いたいのかと申しますと

1億円の貯金があろうが、(Tさん)

24時間を自分の思うがままに好き勝手に使えようが(僕)

家族も子供も居ようが(ツイッターの人)

各々に「どうしたもんかな~」って考えていることはあるわけですよ。

 

冒頭に書いた北新地に連れて行ってくれた会長さんだって

今は息子さんが会社を継いでいるそうですが、ずっと息子さんのことを心配そうに話されていました。

 

だからね。

決して「お金の有無」があなたの人生を確定させるものではないのです。

 

お金があったらあったで、Tさんのように悩むし、

お金があったらあったで、もしかするとそれは破滅への道かもしれないのです。

 

要は、何が言いたいのかというと

ちょこちょこ太字+下線部で強調しているのでとっくにお分かりだと思いますが、

わざわざあなたの現状を悲観的に見る必要なんてどこにもありません!!!ってことです。

 

知ってますかー!?

人間は皆平等なんですよ~

人間には同じだけの幸せが訪れ、同じだけの不幸が降ってくるのです。

 

「じゃあ紛争地域で生まれた子供は?」

「じゃあ餓死する子供は?」ですって?

 

だーかーらーーーーー

何でわざわざそんな極論を持ってきて、わざわざ悲観的になろうとするんですか???

 

あなたは紛争地域で生まれたんですか?餓死しそうなんですか?

 

この記事を読めている時点で、そうではないですよね??

 

 

僕が言いたいのはそれですよ。

あなた、もしかしたら今ハンパなく幸せかもしれない。

ただそれに気付いていないだけかもしれないんです。

 

「おぉ、俺って幸せなのか!よっしゃーーー!幸せやーーー!!!」

 

で良くないですか?

何故わざわざ悲劇のヒロインになろうとするのか。

何故わざわざ不幸になろうと努力するのか。

 

わかりますよ。めっちゃわかります。

僕だって、友達が居ないのは寂しいし彼女も家族も子供も欲しいですもん。

 

でも、どうせ同じ労力を費やすんだったら

「ああー不幸だぁ~」って思うより

「よっしゃ!今が一番幸せや!」って思う方向に労力を費やしたいんです。

 

 

ただそれだけです。

僕たちは幸せになるために生まれてきたんですよ。

だから、この運命に従って「幸せになる努力」すればいいじゃないですか。

 

わざわざ不幸になる努力をする。それって必要ありますか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました