悩む事を悩むのをスパッと止める1つの方法~悩みながら何もしない or 悩みながら何かする~

こんばんは~佐伯です(^_^)

 

最近、色々と思うことがございます。

なんと言いますが、皆様プライド高すぎです。自分のことが特別だと思いすぎです。

 

だから、悩むし不幸なんだろうなーと思います。

 

この記事では、

  1. 不幸に悩み続けるメカニズム
  2. 悩みに大小も優劣もない
  3. 悩むだけの人生 or 悩みに打ち勝つ人生?

 

について、書いております。

僕の記事は毎度のことめちゃ長いので、「なんやこのクソ」と思った方は、すかさず読むのを止めることをオススメしますw

 

 

ジャパン・アズ・ナンバーワンの洗脳教育

 

さてさて、冒頭で早速生意気言わせてもらいましたが

でも、日本で暮らして教育受けていれば自然とプライドが高くなるのは仕方ないと思います。

特に僕ぐらいの世代はそうですよね。

 

何様?って思うかもしれませんが、

僕は幸運にもフィリピン人の友だちやアメリカ人の英会話の先生と対話することができた故に、

「日本が世界(その人達)からどのように見られているのか」を知れました。

なので、一応、自分の実体験に基づいておりますので、耳を貸して頂ければと思います。

 

その実体験に基づいた上でなのですが、「プライドが高い」のって、決してあなただけのせいじゃないんですよ。

むしろ、被害者とも言えます。

 

何をどうしたのかわかりませんが、何か心のなかにありませんか?

 

「日本は世界で最も優れている国の1つである」

 

という気持ち。

 

少なくとも僕にはありました。

英語でそこそこコミュニケーションがとれるようになってきた今でこそ赤面の思いですが、

初めてフィリピンに英語留学に行った時は、「所詮フィリピン人が」なんて思っていました。

フィリピン人のこと何も知らないばかりか、知ろうとすらしなかったのに。

 

でも、そんなクソ外道畜生マインドの僕にすら

フィリピンの友人達は、すごく親切に僕のことを受け止めてくれたんです。

だから、僕は友人達に感謝の気持ちしかないわけで、今でも足繁くフィリピンに通うわけです。

今思うと見透かされてたんだろうなって思います。

その上で、優しくしてくれたんだから、もう何というか、むしろ負けてますわ。

 

さて、話が、僕の友人達への愛の話から抜け出せなくなる前に本題に戻します。

 

要はね、なぜ貴方が頭を抱えて悩むのかと言いますとね、

この、何となく感じる「他人より優れている思い」があなたを悩ませている証拠なんです。

 

自分だけ特別だって思うから、悩み苦しむんです。

 

 

「・・・ん?じゃあ、お前は悩まないの?」

 

いや、僕もめちゃくちゃ悩みます。悩まない日なんてほぼありません。

 

だって、こんなことをやってるぐらいだからある意味お先真っ暗

ブログのアクセスは30PV/日ぐらいしかありません

だからといってリアルで名刺交換したってブログなんて滅多に読んでもらえない

もちろん現時点では1円も儲かっていません。

 

彼女にだって

「なんとなくで仕事やって上手くいくと思ってんの?」って言われた末、

フラれましたし。

 

 

でもね、だからと言って

 

「くそー何で自分のことモロ出しでここまで頑張ってるのに、

世間は俺を認めてくれないんだ!こんな世の中間違ってる!

こんな人生やってらんねー!」

 

なんて思わないですよ。少し思うけど支配されないようにしています。

 

だって、皆悩んでるから。

悩みがない人なんて1人も居ません。

 

これ、サラッと言いましたがこれをちゃんと理解できないと

今後一生苦しみを背負って悩み続けることになるので聞いて下さいね。

 

 

不幸に悩み続けるメカニズム

 

僕たちの前の世代の方々の頑張りのおかげで、日本が世界的に優位になったのは事実です。

だから、何もしていない僕達でも「あれ?何か日本人って凄いんじゃね?」的な思いをもっているわけです。

 

一瞬話が逸れますが、世界で日本人だけ英語が全然できない理由もこれですよ。

だって、英語を喋らなくても、諸外国が日本に合わせるべきだという驕りがあるからです。

でもそれは後進国に対してのみで、欧米諸国にはハナから白旗っていう。

 

まぁそういうわけで僕たち日本人には

何かよくわからないけど「俺達は凄い」みたいな優越感があるわけです。

 

そして、こうやって他者と比較することでアイデンティティと保とうとする文化ゆえ

日常生活でも、常に「比較」「比較」の毎日なわけです。

 

それ故、悩む。

 

「なんであの人は30までに良い人見つけて結婚して子供もいるのに、私は未だに恋人も居ないんだ」とか

「なんで私のほうが仕事できるのに、あの人の方がチヤホヤされてるの!?」とか

「なんでこんなに頑張ってる私を認めてくれないの!」とか、とか、とか。

 

はっきり言ってね。

そんなの全部、被害妄想ですよ。

そういう被害妄想はホント害しか無いんで、むしろ努めるべきは精神的自害かと。

 

何が被害妄想かって?

 

 

“私だけが特別に悩んでいる”って思っている点です。

 

 

比較社会なんて妄想だって気付こう

 

自分を特別視してしまう原因は、やはり他者との比較にあります。

でも、他者との比較なんて不幸へのデスロードでしかありません。

 

そもそも、”比較”という行為自体、本来存在しないのです。

 

これは以下3点を挙げて順にお話させていただきたいと思います。

 

  1. 総理大臣だってホームレスだって悩んでるんでっせ
  2. 何故、あなたの悩みだけ特上と思うのか?
  3. 人間みんな平等

 

そして冒頭にも書きましたが、

悩む原因はプライドの高さ、自分への驕りです。

 

この原因を意識して以下3点を読んでいただければと思います。

 

1.総理大臣だってホームレスだって悩んでるんでっせ

 

まず初めにわかっていただきたいことが、

「悩んでいない人なんて誰ひとりとして居ない」

ということです。

 

総理大臣だってホームレスだって皆、絶対に何らかの悩みを持っています。

むしろ、世間一般的に成功すれば成功するほど悩みは尽きないと思います。

極端に言えば、安倍総理なんて悩まない日はないと思いますよ。

 

何が言いたいのかというと、悩むという行為は決して特別ではなく、極めて”フツー”ってことです。

人間だったら誰でもやることです。

飯食うとか、寝るとか、用を足すとかと同じレベルです。

 

だから、そもそも特別視するものではないのです。

 

飯を食いたい→飯を食う

寝たい→寝る

用を足したい→用を足す

悩みたい→悩む

 

と、これぐらいシンプルでダイレクトなものです。

 

2.何故、あなたの悩みだけ特上と思うのか?

 

「いやいや、でも私の悩みは特別でホニャララララララララ」

 

と、相手に説明したくなる気持ちこそ驕りでございます。

 

何故、あなたの悩みだけ特別だと思うのでしょうか?

人に聞いてもらって当然だと思うのでしょうか?

同調するべきだと思えるのでしょうか?

 

それをやっちゃうと、

安倍総理かホームレスの方に「小さなことで悩むなよ」と言われた日にゃ、ぐうの音も出ないでしょう。

 

3.人間みんな平等

 

これも比較人生の弊害です。

なんでも他者と比べるくせがあるせいか、悩みすらも他者と比較してしまうのです。

 

何より、悩みなんて他者と比較できるものではないのです。

例えば、「爺ちゃんが亡くなった」という悩みの起点であっても、

その人の環境や今までの経験で全く解釈が変わってきます。

 

このブログでは常々伝えていますが、人間は皆平等なのです。

だから、悩みも平等。大小も優劣も無いのです。

 

ただし、あなたの悩みは決して他者に理解できるほど小さなものではありません。

だって今まで数十年生きてきた人生を総称した悩みなんですから。

今までの経験がすべてその悩みに詰まっています。

 

要はこういうこと。

 

悩みに悩み続ける人の大体は、

誰かが理解してくれると思って、他者に期待を寄せているところです。

 

だから

「私はこんなに悩み苦しんでるんだから少しぐらい周りにあたっても仕方ない」と考え

周りの人からすれば首を傾げてしまうような言動をしてしまうのです。

 

でも、理解してもらうのって土台無理なことなんですよ。

だって、あなたの悩みは壮大過ぎて他人に理解できっこないですもん。

 

だって今まで歩んできた人生を漏れなく、誤解なく、正確に

相手に伝えた上で今の悩みを言わないと、絶対にズレが生じますもん。

これって絶対に不可能なことですよね。

だから悩みを理解してもらうことは無理なのです。

 

じゃあ何ができるか?

自己完結です。

 

周りは根本では絶対に自分の悩みを理解できない、という事実を

感情を挟まず情報として受け取りインプットした後、

結局は、(虚しいようですが)自分でどうにかするしかないのです。

 

他人は絶対にあなたの悩みを解決できません。

他人からの助けは参考意見にはなれますが、答えには絶対にならないのです。

 

「悩まない」「悩みが消える」ことは無い。悩みとともに”どう”生きるか?

 

さて、上記にて「悩んでいない人なんて居ない」と書きました。

すなわち、悩みは、僕達が生きてる限り、必ず常に連れ添うものであります。

 

だから、「悩みが消える」なんてことはありえないわけで、

悩みと共生する方法として、以下2パターンに集約されるわけです。

 

1.悩みながら何もしない

2.悩みながら何かする

 

 

あなたが悩む原因が会社だとしましょう。

 

例えば、あなたは今何らかの問題を抱えていて会社を辞めたいとしましょう。

(多分それは人間関係がほとんどだと思いますが。)

 

さて、この時、「1.悩みながら何もしない」人はどういう行動をとるのか。

 

何もしないってのは諦めです。

どっかの価値観や他人の意見を言い訳にして

自分という個性を薄めるよう努力することは、何もしていないのと同義です。

 

「(本当は辞めたいけど)そこそこ給料もいいし恵まれてる。」

「(本当は辞めたいけど)社会人はこんなもんだ。」

 

何かするってのは、悩みの解決に向かっていないといけません。

いささかマッチョではありますが、現状に甘んじようとする行為は、

物理的には何かしていても、本質的には何もしていないのです。

 

 

では、「2.悩みながら何かする」の場合はどうでしょう?

 

ハロワ行けとかリクナビ登録しろとか言うつもりはありません。

ここではあくまで、自分ができる範囲で前進していくことが大正義です。

 

休日に酒を飲んでDVDを観るとかでもいいんですよ。

酒が行動の起爆剤になるなら積極的に利用すればいいし、

DVDは悩みの解消に向けて工夫の余地があります。

 

例えばDVDを脱サラものにしてみる、とか。

行動する勇気を与えてくれる内容のものにする、とかね。

そんなもんで全然良いんです。

 

むしろ、あなたの悩みなんて他人が理解できっこないのに

リクナビとかハロワとかで、

他人のそれらしい意見に従うと永久に悩みの苦しみから抜け出せませんよ。

 

悩む事に悩むのをスパッと止める方法

 

悩みの苦しみから逃れたいのであれば、他人と決別する覚悟が絶対に必要です。

会社を辞めることを理解されようと思わないで下さい。

他人にあなたの悩みを理解することはできません。

そして、他人もあなたの悩みを理解することは不可能なのです。

だからその悩みからでた行動だって究極的には自分しか理解してあげられません。

 

他人に理解してもらおうと行動するから悩みのスパイラルから逃れられないのです。

そりゃ周りからの理解を促せる会社の辞め方ってありますよ。

転職、自営業、地元に帰る、親の介護、稼業を継ぐ、嫁ぐ、あとは留学とか、バックパッカーとか。

 

でもね。

それホントに自分で決めた「悩みながら何かする」ですか?

 

いや、別に何したって良いんですよ。

僕みたいに突拍子もないことをする必要なんて全くありません。

ただそれが何であっても、自分で決めた答えでないといけません。

 

もうお気づきだと思いますが、

悩む事に悩むのをスパッと辞める方法、それは「自分で決める事」です。

 

この時ポイントになってくるのが、以下の情報を認識できているかです。

 

・悩みがない人なんて誰ひとりとしていない

・悩みに大小も優劣もない(それぞれの環境で皆ツラい)

・他人が自分の悩みを理解することは不可能

・それ故、他人は絶対に答えを提示できない

・だから、結局は自分で決めるしか無い

 

自分で決めたのですから、そこに他人は一切介在していないわけです。

だから「あの人がああ言ったから」みたいな悩みはそもそも存在しなくなるわけですね。

ここで悩みの半分が消えます。

 

あと悩むとすれば「何故、自分はこんな決断をしたのか」ですが、

他人は自分の悩みを理解できないという前提に立てば、

悩みを理解できるのって自分だけなんですよね。

 

自分だけが自分の唯一の味方なわけです。

自分が自分の味方をしてあげられなくなった時、本当の意味で孤立無援になります。

 

悩む事に悩むのは、自分を否定しようと努力している行為なのです。

 

ただし、自分を信じるというのははっきり言って生半可なものじゃありません。

今ちょうど、岡本太郎さんの著書を読んでるので、例に挙げますが、

誰でも知ってるゴッホでさえ、自分の可能性を信じきれず自殺してしまいましたからね。

 

ここで、自分を信じるということを語りだすと収集がつかなくなるのでこの記事ではここまで。

 

自分を信じるのは、決して簡単ではありません。

ただし、「自分で決める事」は今すぐにでもできます。

 

・今日の夕飯は何を食べよう(ただし、生じた結果すべてに責任を持つ。人のせいにしない)

・たまには無計画で旅行に行こう(ただし、生じた結果すべてに責任を持つ。人のせいにしない)

・よし、決めた!会社を辞めよう(ただし、生じた結果すべてに責任を持つ。人のせいにしない)

 

悩むことに悩んでいる方。

まずは「自分で決める事」から始めてみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました