何故、多くの人が成功できないのか

 

先程フェイスブックを見ていると、成功のために必要な1つの自己啓発書という広告が出ていました。

その広告自体は見てないのですが、この時ひらめいたんですよね。

 

ああ、だから多くの人が成功できずに人生を終えるんだなって。

 

 

なぜ、成功せず終わるのかが以下の2点です。

 

・自分の中で成功を定義できていない

・自分の決断を信じる力が足りない(90%がこれ)

 

 

自分の成功を定義できていない

 

耳タコの問いだと思いますが、まず成功ってなんでしょうか?

 

成功と聞くとなんか漠然と「お金に不自由のない生活」みたいなのを想像しません?

 

もちろんそれは、そうなんですが、でもそれってあくまで成功の一部分であって全てではないですよね。

 

ここまで解ってる方は多いと思います。

 

そして、ここからですが、「お金があること」は成功の一部分ではあるけど、成功の前提条件でもないんです。

 

 

この順序を間違ってしまうと、まず成功にはお金が必要だと勘違いして、延々とお金を求めて人生を終えることになってしまいます。

もしくは、物事の価値を「お金」でしか判断できない人間になります。

 

お金を追い求めた結果成功している人は、「お金を求めること」がたまたま自分自身の成功の定義の大部分を占めていた、というラッキーな方なのです。

それは買ってもいない宝くじに当たったようなもので、僕達が同じように「お金」を追い求めたからってラッキーが起こる確率は極めて低いです。

 

 

自分自身の成功を定義する時は、「お金」を一部分として考えみてはいかがでしょうか?

 

「お金も必要だけど、●●も必要だよね」みたいな感じで、いつも話してる感じでふんわり固めていけばいいのです。

 

ここで気をつけて欲しいのは、簡単にお金を成功の定義から外さないこと。

月給20万のサラリーマン生活しかしたことないのに、「お金が全てじゃないよね」ってのは絶対違います。

 

それは、どこのドラマか映画で見た「お金を持って不幸になってしまった人」を自分の人生に当てはめてそうならないようにリスクから逃げているだけです。

 

でも、あなたの人生が、その人と同じになるわけないんですから、お金が必要と思うなら、胸を張って「自分の成功にはお金が必要や」と定義するんです。

 

 

自分の決断を信じる力がない

 

「成功」なんて完璧に定義できっこないので、とりあえず決めて、行動することこそが100億倍大事です。

そして、その道中、あなたに繋がる人間関係のほぼ全員から、「それは違うと思うな」と程度はあれど否定されます。

 

でも、ここで挫けて安易にそいつらの戯言に同調するから成功できないんです。

 

もちろん悪いのは周りですよ。

人の夢を簡単に否定してくる奴、人の人生に口を出してくる奴にロクなやつは居ません。

 

でも、残念ながら他人は絶対に変えられません。

だから、唯一コントロールできる自分の力で乗り切るしか無いのです。

 

そこで大事になってくるのが「自分を信じる力」です。

自信ではありません。

自信というと独り善がりなイメージがありますが、「自分を信じる力」は自分を取り巻く環境を俯瞰した後、自分の決断にフォーカスした時に発揮されるものです。

 

 

「自分を信じる力」を使って自分を取り巻く環境を俯瞰すると見えるものがあります。

 

それは「誰も自分の成功の定義に完全に同調してくれないこと」

そして、「自分も他人の成功の定義に完全に同調できないこと」です。

 

すなわち、自分も含め誰も他人の成功を理解することなんて出来ないんです。

だから、他人の成功を見て「こうなりたい」と思って目指しても絶対どこか違うし、かと言っていくら他人にアドバイスをいただいたところで、自分の成功の定義なんて固まりっこないんですね。

 

 

「自分を信じる力」なんて書きましたが、それは結局は、事実を受け止めるかどうかです。

他人に自分の成功を理解してもらうと思っているのであれば、その力は存在すらしません。

 

「成功」は自分の中のみで定義され、自分の中のみで完結するという事実を理解できた瞬間、自分を信じる力が自分の中に存在してくるのです。

 

 

成功の定義はこの世に存在する人間の数だけあります。

一口に成功と言っても誰にフォーカスを当てるかでそれは違ったものになります。

 

それを絶対的な1つの成功があると思ってるから成功しないんです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました