2017年トップレベルで自分が恥ずかしかった事

さっきボルダリングに行っとったんよね。

そしたら常連さんがお子さん連れてきとって、その子がめっちゃ堂々した子でね。

小6らしいんやけど。

何か、バリアを張らんというか、何の下心もなく俺に話しかけてきてね。

「4級全部登れましたか?」って聞かれたんよ。

その時に、俺が見栄を出してしまって、ほんとは、4級全部登れてないのに、「うん、登れたよ」って言ったんよね。

んでその後、その子の前で4級が登れないという事実を見せることになるんやけど、なんかもう登れた登れんかった以前に、嘘ついたことに対して「あーやってしまったわ」って思った。

色々、言い訳はできるんやけど、でも4級を全部登れてないという不動の事実があるのに、それを何で嘘ついてしまったんやろと思う。

普通に「いや、まだー登れてない課題があるんよ」って言えばえかったのに。

見下してたんやろな。

子供やからって。

「ごめん、4級登れんかった。嘘ついてしまったわ。」って言い訳がましく言った時の「なんやねんこいつ嘘ついとるやん」って見透かしたような表情が忘れられん。

まぁその子の反応は、俺の完全な被害妄想かもしれんけど、でも、俺自身は間違いなく恥ずかしかったわ。

恥ずかしかったけど、勉強になったわ。・・・としか言いようがないんやけどね。

でも、やっぱり正直って強いわ。

嘘とか見栄とかなくて、正直に生きるって圧倒される。

俺もそうなりたいと思ったわ。

そのきっかけを掴むのに、今まで大人にしか目がいってなかったけど、今回のことで「おいおい、こっちにもそれあったんかい」って思ったわ。

自分で「子供も大人も皆平等よ」って言よって、その言葉通り行動できんかった自分はほんと恥ずかしい。

恥ずかしながら、至ってなかった。

でも、今年最後に来年に繋がるいいきっかけがつかめて良かった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする