他人のために頑張るほど悲惨になるという可能性について

 

誰かのために頑張るって言うと聞こえはええけどさ、これやればやるほど悲惨なことにしかならんよ。

間違いなく自分の思い通りの結果にはならんし、相手にも迷惑やからほんま今すぐ止めたほうがええ。

 

まずね、他人は絶対にコントロールできんから。

これは相手を利用するとかじゃなくてね、100%相手の事を想って動いてあげたって、相手がその期待に100%応えるなんて無理なんやけん。

 

それは求めすぎというか、無理なことなんよ。

 

ここで誤解したらいかんのは、120%が返ってきてもいかんってことよ。

100しか与えてないのに120返ってきたらフェアじゃないやろ?

そしたら次はね、相手がこっちに期待してしまうんよ。

100に対して120返してやったから150返ってくるんじゃないかってね。

これもフェアじゃないよね。ミイラ取りがミイラになっとる的な感じやんね。

 

もちろん100与えたのに80しか返ってこんかったらこっちが気分悪いよね。

 

 

というわけでね、何が言いたいかと言うと、「他人のため」とか言っちゃうと絶対おかしなことにしかならんってことよ。

 

 

さらにね、他人のため頑張ってる自分が受け入れられてしまうことってめちゃ怖いんよ。

 

「くそー俺は100頑張ってるのに世間は50しか認めてくれん」って悩んでたとするやん?

 

そこでよ、誰か自分の頑張りを100として認めてくれた人が出てきたとするやん?

「お前、頑張ってるよ。俺はわかるよ」なんて優しい言葉をかけてくれるやんね。

 

そしたらさ、何か止めてしまわん?頑張ることをさ。

 

100頑張っとるのに50しか認めてくれん状況やと、クソがって思って頑張れるやん。

でも、100頑張って100優しく認めれくれたら、何かそこで一息ついてしまうやん。

 

まぁこれは人それぞれかもしれんけど、変に認められることには、成長を止めるきっかけにもなりえる可能性があるわけね。

やけんそれはそれで怖いんよ。

 

別にどっちが正しいとかはないと思うけど、俺個人としては他人のためとか言うのは止めたほうがええ世界が訪れるって意見。

 

 

今日も、コメダ珈琲行っとったらさ、隣のボックス席のおばあちゃんが身内の悪口言ってるの。

「娘の旦那は何もせんとか」よく聞こえんかったけどそんな感じ。

俺、こういう空気即分かるからそっこーイアフォンで耳塞いだよ。

曲が変わる合間の数秒間に不満が聞こえてくるのがめちゃ嫌やったわ。

 

これが「他人のため」に行動した果てなんよ。

 

多分ね、娘の旦那も何もしてないことは無いんやで。

なんかしよるはずなんよ。

でも、お婆ちゃんからしたら100与えたから100返してほしいんよね。

 

でも、それ旦那からしたら無理な話よ。

だっておばあちゃんの100とかわかりっこないし、当たったとしても奇跡ぐらいの確率やもん。

 

何より自分のことを認めてほしいがために、身内の悪口を延々と喋り続けるって状況よ。。。

 

俺はね、言動の全ては自分のためって割り切るよう努力するべきやと思う。

そしたらもっとフェアな世界が訪れて、愚痴とか不満は言いようがなくなるんよ。

 

どういうことかというとね、

他人に親切にするのも、自分が気持ちええから。だってそうやん?他人に親切にしたら気持ちええもんね。

募金するのだって、ボランティアするのだって全部自分の幸福度をあげるためだったって割り切るよう努力するの。

 

この努力するってのがポイントね。

できない。少なからず期待してしまうよね、でも分かっててもそう割り切れるように努力するかどうかが大事やけん。

 

ほんならさ、自分の親切に対する見返りが50とか0でも何も関係ないやん。

だって自分が気持ちよくなるためにやったんやから、相手の反応は元々関係ないもんね。

やけん、愚痴も不満も言いようがないけん、結果愚痴も不満もない世界が訪れるよね。

 

逆にそれで150とか200とか返されたらさ、「フェアな関係崩すなや」ぐらいに思うよ。

 

 

これ言ったら爆発するかもしれんけどさ、他人のためってのは卑怯よ。

だってそれ自分の言動の責任を他人に転嫁しとるもん。

 

 

というわけでね、他人のために頑張っても自分の思い通りの100の結果が返ってくるのは奇跡やし、その頑張りが認められたらそこで自分の成長止まるかもしれんし、これ続けると老人になって身内の文句言うような悲惨な状況になる可能性もあるよってことね。

 

 

この記事にも書いたけど、俺もホント100で他人のために頑張った結果が0で返ってきたんよ。

その時に悩んでね、「あれ?でもあん時自分がしたかったからしたんやろ?」って自分に問いかけたらそれ以上言い返せんかったし、何かスッキリしたんよね。

 

やけん、もし他人から思うような結果が返ってこず悩んどるんやったら、「100%自分のためにやったんやろ?」って割り切るようにしたら楽になるかもよって話。

んで、今後はそう割り切れんようなことをなるべくやらんことやね。

 

これはね、他人のために頑張るより覚悟がいるよ。

他人のためとか言って生きとる奴の方が100倍甘いけん。

 

「違うやん。それ最終的に決めて自分の手足動かしたんは自分やろ。」ってことよ。

誰も人の手足動かして決心させるんは無理やけんね。

やけん、究極的に言ったら他人のために動くと決めたのも自分なんよ。

この記事を書いた人

香港科技大学コンピューターサイエンス修士課程在学。現在33歳。大学受験失敗のコンプレックスと社会人生活10年でやりたいことを探し続けた結果、大学院留学にたどり着く。振り返ってみると新卒で入った会社を辞めて以降、ずっと綱渡りみたいな人生を歩んでいます。そろそろ落ち着きたい…

ownerをフォローする
 

 
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

未分類
ownerをフォローする
アラサーからの香港大学院留学

コメント

  1. 匿名 より:

    この記事を書いてくれてありがとうございます。
    たまたまこの内容で悩んでいた時に拝見したので、自分の中で、凄くスッキリしました。
    ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました