Amazonセラーリサーチツールを自作しました。

 

eBay輸出ツールが自分で自由に作れるようになるプログラミングレッスンやってます^^


こんにちは!

プログラミング制作物第2弾です。

今回は、Amazonの出品者情報が効率的に調べられるツールを自作しました。

ツールについて

ツール名:Grabs Seller Items(GSI)

ツールでできること

出品商品情報の取得

取得できる情報

  • 商品名
  • ASIN
  • ブランド名
  • 出品価格
  • レビュー数
  • 星の数
  • PRIME対応(FBA or 非FBA)

各種リンク

  • [国内検索][海外検索]ボタン

ワンクリックで国内外のメーカーを検索することができます。

国内検索ボタンは、「ブランド名+問い合わせ」のキーワードで日本Google検索、海外検索ボタンは、「ブランド名+contact」(日本語は自動削除)で海外Google検索します。

単純ですが、一発でメーカーの連絡先がわかるので、この機能がこのツールで一番強力です。

  • [モノレート][Amazon]ボタン

ワンクリックで、Amazonとモノレートの個別商品ページに飛べます。

CSV出力

これもよくある機能ですが、一応CSV出力機能もつけました。

その他特徴

自分のローカルPCで起動するソフトなので、動作が早いです。(exeから起動します。)

あと、Webアプリじゃないので、ツールとブラウザを横に並べて、とにかく検索ボタンをポチポチして、メーカー連絡先を調べまくれるのが結構、便利。

作成した理由

作成した理由は、過去に手作業でやっていた作業だからです。

今回自分が作ったようなツールがあれば、楽なのにな~と思いつつ、当時はプログラミング技術もなかったので、結局手作業でやっていました。

なので、今回作ったのは過去の後悔の精算といった感じです(笑)

「こんなもん何の役に立つんじゃい?」って人のために説明しますね。

(この記事に辿り着く人は、とっくにご存知のはずなので、説明する必要はないかもしれませんが、一応…)

僕がアマゾンで物販をやっていた頃は、メーカー取引が主流になってきていました。

一般にイメージされる物販業と同じく、メーカーから仕入れて小売として販売するというビジネスモデルです。

その販売先が、実店舗で販売するか、アマゾンで販売するか、の違いです。

「いやいや、個人になんて卸してくれる会社なんてないでしょ?」

なんて思うかも知れませんが、意外にあるんです。

そういうの会社を見つけて、仕入れさせてもらってアマゾンで売るってのがメーカー取引と言われる手法でした。

「でも、売れるかわからんやん?」

そうそう、だから、「現在、売れてる商品」を仕入れるんですよ。

アマゾンに出品している(在庫を抱えてる)=売れているってことなので、すでに取扱のある商品を中心にリサーチをするんですね。

で、その発端となるのがセラーという訳です。

というわけで、僕も上記のような事をやっておりました。

その時は、いちいち(1)セラーの出品一覧を目視→(2)ブランド名を見つける→(3)モノレートなどを見て売れ行きを判断→(4)検索エンジンでメーカーを探すってことをやっておりました。

タブが色んな所に動いて忙しかったし、リサーチしているセラーが同メーカーの商品を多く扱っているとページをたくさん移動する必要があったり、メーカー仕入れじゃない商品がリサーチの邪魔だったり…と、まぁ色んな事に悩んでやっていたのですが、その悩んでいた事はこのツールで概ね解決できました。

さぁ…ここで気になるお値段の発表です!

みたいな、ことはしません。

完全に自己満足ツールです(笑)

最後に(小話)

そういえば、昔、プログラミングがよく分かっていなかった時に、プログラマーの知人がこんなことを言っていました。

僕「プログラム書けるとか凄いですね!」

知人「いや、俺なんて人の書いたコード拝借してるだけだから…」

その時は意味がわからなかったですが、今回Amazonセラーリサーチツールを作ってみて知人の言葉の意味する所が何となくわかりました(笑)

 

eBay輸出ツールが自分で自由に作れるようになるプログラミングレッスンやってます^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. きずな より:

    ツールが欲しいです…