【eBay輸出】日本人セラーに絞った基本的なリサーチは基本的に間違っている

 

eBay輸出ツールが自分で自由に作れるようになるプログラミングレッスンやってます^^


こんにちは!

「Advanced ResearchからSoldListingにチェックを入れてLocated in を日本にして…」って誰もが知ってるeBay輸出の基本的なリサーチですよね。僕もなんの疑問もなしにやっていましたが、これ止めた瞬間おいしい商品見つけちゃいました。

「じゃあ一体どうやってリサーチすんの?」ってのをこの記事に書いて見ようと思います!

ウォッチリスト数を重要視したリサーチ

ずっと冒頭にある基本的なリサーチをやっていましたが、ずーっとSoldListing眺めていても何が売れているかイマイチわからなかったんですよね。

気づくのが遅すぎですが、それは明確な指標がないからでした(笑)

数値化!って言ってるのに、じっさいなんとなくでリサーチしておりました。

そこで、何か数値化できるもの…って考えた時に「ウォッチリスト数」があるやんって。

ウォッチリストの多い商品はウォッチカウントってサイトから調べられます。

日本人セラーに絞り込む必要はない

日本人セラーに絞り込む理由って、売れるか売れないかというよりは「仕入れができるかできないか」が問題になっています。

でも、よくよく考えるとそうじゃないことに気付きました。

バイヤーにとって欲しいものが手に入るかどうかがすべてであり、大半のバイヤーにとって発送国がどこかなんてのは最優先事項ではないのですw

そういえば僕がバイヤーとしてeBayでガンガン物買ってるときもイスラエルだろうが、香港だろうが本物だったらどこでも良かったです。

だから、「eBayで売れてるもの」を調べたいなら、日本人セラーの絞り込みは外すべきだとわかりました。

すると、意外な商品が商品が見えてきたというわけです(笑)

まとめ

売れる可能性が高い商品とは「ウォッチリストが多い商品」なわけです。

だから、日本人セラーに絞ったSoldListingをなんとなく眺めて、なんとなく出品するよりかは、「ウォッチリストが多く、かつ日本で仕入れられる商品」を見つけるリサーチのほうが良いのでは?という気付きでした。

日本人セラーの絞り込みを外すだけで、「世界で人気のある商品(ウォッチリストが多い商品)」がわかるので、派生の仕方もより的確になります。これが良質な幹キーワード、、、ってことですね!(笑)

こんにちは! ついにeBay輸出で初売上を達成しましたー!一人のバイヤーが2つ買ってくれました。 単なる評価貯めの売上じ...

あとがき

実はこれに気づいて3日ぐらいしか経ってないので、これがどこまで効果あるかはまだ未知数です(笑)

でも、このリサーチで見つけた商品は出品した瞬間、ウォッチつく商品もあって、今までにない手応えを感じていますし、実際売上が上がりました(イエイ)

Youtubeとかでリサーチ方法調べても、同じようなリサーチしか出ないなくて「またそれかい!」ってうんざりしてる方の新たな視点になれば幸いです。

調子が掴めてきたので、がんばりますよ~\(^o^)/

 

eBay輸出ツールが自分で自由に作れるようになるプログラミングレッスンやってます^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 有澤 より:

    全く同感です。自分も定番のリサーチのやり方でやっていたのですが何かパッとしないと言うか的を絞れずに商品群を眺めるだけでボーっとする事が多く全然出品出来てなかったです。参考になりましたのでちょっと試してみます。
    いつも有益な記事をありがとうございますね!

  2. 有澤 より:

    さいき様
    さっそくウォッチカウントのサイトにアクセスしたのですが
    Forbidden Access (Error 403) — Sorry, dude(tte).と表示され
    アクセスできない状態ですね。
    原因を調べてみたのですが当方には解明できませんでした。

    • saiki より:

      コメントありがとうございます^^
      僕の場合、見たこと無い商品がいっぱい出てきて視点が広がりました(笑)

      おかしいですね?こちらはPCスマホ共に問題なくアクセスできますので、僕もわかりません(^_^;)