【eBay輸出】僕がどのようにeBay輸出を仕組み化してるのか書いてみる。

eBay輸出

こんばんは^^

今月になってeBayが爆発中ですw

 

売れ行きはこんな感じ。

 

こんな感じでオファーが届いてます。

 

売上額自体は大きくないですが、過去記事に書いたとおり僕は最低でも仕入れ価格の2倍、もしくは最低30~40%の利益率がないと受けないので、利益額は結構大きいです。

そして無在庫でーす☆おまけに日中はフルタイムで会社員してまーす☆

 

忘れもしない去年の5月1日のあの悲劇(今だから言えるけどフラれたw)を忘れるために、eBay輸出を始めました!

仕組み化には自信があったものの、やっと数字がついてきたな~って感じです\(^o^)/

 

昨日リミットアップ交渉も行い、今は3000アイテム・19万ドルなので、今年中旬には大爆発フェーズに突入することを期待しておりますw

 

eBay輸出の仕組み化方法について

さて、進捗報告はこのぐらいにして仕組み化の方法について書きますね。

 

最近、ありがたいことにプログラミングレッスンへ問い合わせをいただくことが増えてきました。

その中で、「eBay輸出をプログラムで仕組み化するってどういうことですか?」って聞かれることが多くなったので、その回答が以下の図となります。

 

これだけだとざっくりし過ぎなので、実際の画面もお見せしますw

例えば、以下2品のヤフオク商品のデータを抽出しeBayに出品したい場合。

 

プログラムに商品情報を渡すと…

このように設定した利益が取れるよう送料も考慮して計算し、FileExchangeのフォーマットに落とし込んでくれます。あとはなんの加工もなしに、eBayのアップロードしてやるだけです。

カテゴリ設定も、タイトル翻訳も、画像URLも全部やってくれてます~。

 

最初から数千品出すことを想定してプログラムを組んだので、3000品ぐらいまでなら今のままで耐えられます。出品商品の単価を上げたり、回転率の高い商品を扱えばたちまち売上額も上げることができます。

仕組み化には自信があると書いたのは、10品500ドルの初期リミットの時から、こういう拡張性を予め考慮しておいたからです。

 

言い訳がましく聞こえるかもしれませんが、僕の場合、今はお金より時間のほうが大事&給与収入もあるのでこれで十分なのです(^_^;)

外注化って話もありますが、どこから情報が漏れるかもわからないし、そこまでガツガツやる気もないのです。

 

 

もっと凄いツールを期待されたかもしれませんが、ホントこれだけなんです(笑)

誤解されることが多いんですが、プログラムって万能のツールではなくて、あくまで手作業の代行なんですね。

大事なのはツールの性能より、そもそものビジネスモデルなんです。

だから、僕のプログラミングレッスンではプログラミングを通してご自身で優秀なビジネスモデルを構築できるスキルを身に着けていただくことを、真の目的にしています。

 

「ツールでは稼げない」と言われる所以は、そもそものビジネスモデルが稚拙だから、それをツールで自動化したところで0に100かけても0ってわけですw

 

あと多少脱線しますが、似たような事で「ツールで稼ぐなんで邪道。ツールなんて必要ない」って言われる所以も上記と同じです。すぐに真似されるような何の工夫もないビジネスモデルはツールで自動化したら真似されるのが早まるだけです笑

 

詳しくはこちらの記事に書いてるので時間があったら読んでみて下さい(^_^)

 

 

ツールの販売について

絶対しません!w

 

 

おわり。

コメント

  1. おく より:

    とてもおもしろいツールですね。
    送料の算出はどのように算出しているのですか?

    実際売れたけど送料で赤字になったとかならないんですか?

    • owner より:

      ご質問ありがとうございます^^
      色々な方法がありますが、一番簡単なのは予め同じ商品群で絞り込んでおくことですね(^^)

      これをやらないと送料が想定より多くかかることはありますが、利益率が高いので赤字になることはないですね(^_^;)

タイトルとURLをコピーしました